実績紹介

実績紹介

相馬市民会館

用途
文化ホール
作品名
相馬市民会館
所在地
福島県相馬市
延面積
4,004㎡
構造・規模
SRC-2F(一部S造)
竣工年
2013年10月

本敷地は相馬市の中心地にあり、周辺一帯はその歴史的景観の維持、継続、更にその価値を高めるため、さまざまな街づくりが行われている。
西側に隣接する中村城跡は嘗ての栄華が偲ばれる明媚な場所となっており、新市民会館の外観も、相馬藩の「質実剛健」の精神を瓦屋根、漆喰壁及び黒板塀の三要素で構成し、簡素な中にも歴史の重みと清冽を表現した。
内部は様々な催事に対応可能な総席数922の大ホールを中心に、リハーサル室、小ホールなどを効率的に配置している。
北側に設けた和室は、市民の様々な活動の場所として利用されるほかに、「相馬野馬追」の出陣拠点として相応しい佇まいとした。
外部の広場は、季節ごとに多くの市民の方々が集う交流の場として、大きな空間を確保しホールと一体的な利用を可能とした。
本敷地内に隣接する相馬市歴史資料収蔵館、相馬市郷土蔵と合わせて一体的な整備を図ることで、この地区が相馬市の文化交流の核となるように計画した。