実績紹介

実績紹介

大阪大学工学部E2棟

用途
耐震補強
作品名
大阪大学工学部E2棟
所在地
大阪府吹田市
延面積
2,400㎡
構造・規模
RC-6F
竣工年
2011年4月

■耐震補強にあわせ最新の研究環境を整備した全面機能改修
設計対象の建物は、吹田キャンパスの工学部電子情報エネルギー系の建物群と産業科学研究所管理棟等である。

E7棟は既存のE6棟と外観を揃え、構内の街並みに配慮して学内のデザイン会議、市のアドバイザー会議を経て周辺環境と調和した建物とした。 また、将来増築を前提とした既存E6棟への増築が現行法規では不可能であったため、機能性、景観性をできるだけ損なわないように、当初の景観構想に沿った設計を行った。

その他の棟に関しては、耐震に併せて最新の研究機材、実験に応えるための改修設計を行うと共に、  設備計画では建物郡の配電ルートの更新、ラボの電気需要に対する受電増強及び集約を図ると共に、環境配慮型の機器を積極的に採用し更なる省エネ、環境配慮に努めた計画とした。