実績紹介

実績紹介

東京大学理学部附属天文学教育センター

用途
大学・研究施設
作品名
東京大学理学部附属天文学教育センター
所在地
東京都三鷹市
延面積
2,159㎡
構造・規模
RC-2F
竣工年
2000年2月

通称天文センターは、武蔵野の緑深い国立天文台の一角にあり、天文学教育の中枢施設である。 設計のイメージの端緒は、ここで研究される銀河を想像することから始まった。
楕円ドーナツの平面、三次元カーブの屋根、緑を映しだし樹々うつり込む外壁、すべては宇宙から飛来し、地球に仮着陸しているUFOを想起させる。
また、中庭から見上げる空は任意に切り取られ、サテライト(木曽観測所)でも共有できる宇宙である。